• 日本語
  • English

Apply Now

May 17, 2017

2017年度第2回ワークショップ「これからの「休み方」のデザイン」<参加公募>

パイロット(スポット)参加者を若干名募集します。(大学生、大学院生に限ります。)

皆さんはゴールデンウィークは、どのような「休み方」をしましたか?
ワークライフバランスの重要性が叫ばれるようになってから久しいですが、未だ議論の起点は「働き方」であることは否めません。今回のワークショップでは、あえて「休み方」ということを発想の起点にして、未来の生活をよりよくする新しい可能性を探索します。
休みという言葉の意味には、ゴールデンウィークのような休暇の過ごし方は勿論、仕事の隙間時間につく一時の休息、体を休ませるためにベンチに腰掛けるなども含まれています。さらには、産休や育休、サバティカルまで現代社会においては様々な休みが存在します。
本ワークショップでは、エクストリームユーザーと呼ばれるような、「数100キロ離れた複数拠点を行ったり来たりしながら仕事をする人」や「365日休まない方が心身が休まると思い働き続ける人」など、休みや働き方に関して極端な特性を持つ生活者を対象としたインタビュー調査を行います。
エクストリームユーザーインタビューを通じて、多種多様な「休み」の根底にある本質的意味合いを理解した上で、私たちの日常生活の中で作り上げてしまっていた休みに対する固定観念を壊します。
そして、その破壊の先に、人々のより良い生活のための新しい「休み方」をデザインします。

「休み」の新たな可能性を共に探索してみませんか?

日程>
5/27(土)、5/31(水)、6/14(水)、6/17(土)、6/21(水)、6/24(土)(計6日)
(土曜日は10:00-18:00、水曜日は19:00-22:00)
※参加は全日程参加可能な方に限ります。

会場>i.schoolスタジオ
東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F(東京大学赤門前)

ファシリテーター>横田幸信

参加>30名程度 (通年生、スポンサー企業、パイロット生)

募集>若干名

応募〆切り>5月22日(月)17時

その他>見学ご希望は協賛企業、修了生、学生を優先します。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.lab, Inc. マネージング・ディレクター。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(副代表理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

APPLY

Back