Jan 25, 2012

オープンi.school2012 Day-4: 「イエデン」の未来 2012.2.8.

open-ischool_logo1

ご応募の受付を締め切りました。取材・見学ご希望の方は、下記の要領に従って申請をお願いします。

ブロードバンド回線が日本の津々浦々まで普及し、従来型の携帯電話機、通称「ガラケー」がスマートフォンに続々とリプレイスされるなど、テレコミュニケーションサービスは目まぐるしい進化のさなかにあります。最近の若者の一人暮らしの生活では、むしろ固定電話を持たないほうが一般的でしょう。このまま「子供のころから家にあったはず」の固定電話、いわゆる「イエデン」が家庭から消えたとき、将来の社会やそこに暮す人々にとって「イエデン」がもたらしてくれたかもしれない大切な経験は、共に失われてしまってよいものでしょうか。

本ワークショップでは、日立製作所デザイン本部メンバーのファシリテーションによるサービスデザインプロセスを通して、「イエデン」のエクスペリエンス(経験)をデザインします。日ごろあまり意識に上らない「イエデン」の価値を再認識し、未来の経験を生み出す試みに参加してみませんか。

なお、参加者には、ご自身の家族や知人へのインタビューを事前に行い、当日チーム内で共有していただく宿題があります。ご了解の上、お申し込みくださいますよう、お願いします。

日程>2012年2月8日(水) 10:00~19:30 / Date and Time> 10:00AM – 7:30PM, February 8, 2012

会場>東京大学 本郷キャンパス工学部2号館2階「展示室」 / Venue>Exhibition Room at Engineering Building-2, Hongo Campus, The University of Tokyo

定員:12名 / どなたにもご参加いただけます。応募者が定員を超えた場合、参加者属性のバランスも考慮して選抜を行います。

言語>日本語 / Language>Japanese

見学希望>見学ご希望の受付は終了しました。人数制限のため見学の可否については順次メールにてご連絡いたします。 http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/programs/flow

その他のお問い合わせ>ワークショップに関するお問い合わせは
Contact Usのフォーム
またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp

までお願いいたします。

ファシリテーター:

  • 丸山 幸伸

    1990年入社後、ビデオカメラ、携帯電話、PC他、AV・情報機器のプロダクトデザインを担当の後、2000年以降は、インタラクションに関する学際的 コラボレーションを行う日立ヒューマンインタラクションラボ(HHIL)を創設。製品デザインと平行して、HHILを通してコンセプト試作機の社外発表、 異業種プロジェクトを通じたオープンイノベーションによる先行開発に従事。現在は自部門の新しい取り組みとして「サービスイノベーションデザイン」領域を 立ち上げ、デザインの立場から事業開発を支援するチームのディレクターとして、情報サービス事業、街づくり事業などの提案活動および、その方法論開発に携 わる。2009年から東京大学i.schoolのプログラム開発、運営にも参加。

  • 池ヶ谷和宏

    (株)日立製作所デザイン本部インキュベーションデザインセンター所属。
    主にスマートシティを中心に社会インフラ事業のサービスデザインを担当。

  • 岩間徳浩

    株)日立製作所デザイン本部ホームソリューションデザイン部所属。
    情報家電分野の製品デザインおよび新事業のデザイン支援を担当。

  • 長谷部浩子

    (株)日立製作所デザイン本部インキュベーションデザインセンター所属。
    新事業のデザイン支援およびワークショップのプログラミングを担当。

  • 峯元長

    (株)日立製作所デザイン本部インキュベーションデザインセンター所属。
    主にスマートシティを中心に社会インフラ事業のサービスデザインを担当。

Back