• 日本語
  • English

Oct 11, 2012

イノベーション教育への招待~i.school KOMABA 2012年度 冬学期参加学生募集!

komaba_ws2_2012

参加募集を締め切りました。ご応募された皆様には何らかのお返事をさせて頂きました。万が一i.schoolからの連絡を受けていらっしゃらない方がおりましたら、ご一報下さい。見学については、他大生や社会人含めて、引き続き受け付けております。

i.school KOMABA イノベーション教育への招待
東京大学教養学部2012年度 冬学期・全学体験ゼミナール

●i.school KOMABAとは?

2009年度より本郷で、全学から選抜された大学院生を主な対象に「イノベーション教育」に取り組んできた東京大学i.school2011年度から、主に選抜された東京大学教養学部前期課程の全科類のみなさんを対象に、駒場キャンパスでも活動を開始しました。プログラム参加者は、教養学部学生に限定されず、大学院生も含めて多様な学年および専門性を有する学生が参加しています。各回他大学生や社会人、見学者の参加もあり、参加する皆さん全員の学びのある場となっています。

●講義の目標、概要

世界的に漂う閉塞感を打ち破るのは、新しい価値を生み出すイノベーションしかありません。世界の人々が賞賛する、日本らしい優れたモノやサービスを次々に生み出してゆくことが日本の生き残る道ではないでしょうか。そのためにはイノベーションを生み出すことのできる人材を育てることが重要です。スタンフォード大学のd.schoolを始めとして、世界中でイノベーション教育が始まっています。東京大学でも2009年から本郷で主に大学院生を対象に、「東京大学 i.school」がスタートしました。新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システムを生み出す力を身に付けるためのワークショップを開催しています。今回の全学体験ゼミナールは、駒場生の皆さんにもi.schoolのワークショップを体験してもらうことを目的としています。イノベーションを生み出す楽しさを、一刻も早く皆さんに知ってもらいたいと考えています。

また、今学期からの新たな試みとして、ワークショップ中にアイデア創出したWEBサービスや製品アイデア、ビジネスアイデアを、東大内外の専門家(東大研究者、経営コンサルタント、プロダクトデザイナーなど)の支援をもらいながら、希望する学生で実際につくってみたいと思います。イノベーションのコンセプトデザインから実装まで、フルラインナップで体験してみませんか?

●参加申込み

履修人数を40名に限定します。

i.schoolのサイトからのエントリーが必要となります。履修希望者多数の場合には、その後課題が課せられ選抜の資料となります。

要件を満たすと、全学体験ゼミナールの単位が認定されますので、単位取得希望者は選抜を経て受講確定後、大学所定の正規の履修登録を必ず行って下さい。

お申し込みはこちらから↓
https://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/programs/workshop/komaba-2012-winter#ischoolform

●見学希望

他大学学生、社会人を含む見学ご希望をお受けする場合もあります。ご希望の方は以下の「見学ガイドライン・申込み」ページをお読みの上、ご案内に沿ってお申し込みをお願いいたします。

http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/programs/kengaku

(ご希望に副えない場合もありますのでご了承ください。)

●プログラム内容について

プログラム詳細内容については、10/12Fri5限の説明会(自由参加)にて解説致します。

ガイダンス《イノベーション教育への招待》

10/12(金)5 16:20 -17:20 駒場キャンパス1号館112教室

●プログラム予定
(※日程・時間・内容は、予告なく変更する場合があります)

0: 10/12(金)5 16:20 -17:20@1号館112教室、ガイダンス「イノベーション教育への招待」

ws1: 10/27(土)13:00-18:00 @K303WS1「『ありがとう』をイノベートしよう!」

ws2: 11/3(土)13:00-18:00 @K302WS2「『集合知』で学生生活をイノベート!」

ws3: 12/1(土)13:00-18:00 @K402、「未来の定番文房具をつくろうコンセプトデザイン編」

ws4: 12/15(土)10:00-18:00 @K303、「未来の定番文房具をつくろう プロトタイプ制作編」※ws4は12/8(土)から12/15(土)へ変更になりました。

ws5: 1/12(土)13:00-18:00 @K303、「キャンパス・ライフのサービス・イノベーションコンセプトデザイン編」

ws6: 1/26(土)10:00-18:00 @K303、「キャンパス・ライフのサービス・イノベーションビジネスモデル作成編」

2012年度冬学期・全学期ゼミナールとしての単位認定には、正規の履修登録手続きが必要です。

*会場は全て、駒場キャンパス理想の教育棟(21KOMCEE)になります。(説明会時を除く)

*詳細情報は関連ホームページとtwitterにて随時に情報配信予定

http://twitter.com/#!/ischool_kmb

●授業のキーワード
イノベーション、デザイン思考、グループワーク、ワークショップ、エスノグラフィ、価値創造

●参考書籍
「東大式世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)

●募集ポスターはこちらからご覧いただけます→

http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/wp_ischool2/wp-content/uploads/2012/10/121011_komaba_ver2-3.pdf

●お問い合わせなどのご連絡は

komaba<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp

までお願いいたします。

  • 堀井 秀之

    i.schoolエグゼクティブ・ディレクター。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。JSIC(日本社会イノベーションセンター)代表理事。1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了。専門は社会技術論、国際プロジェクト論、イノベーション教育論。i.schoolエグゼクティブ・ディレクターとして、i.school運営を統括する。東京大学知の構造化センターではセンター長として、分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進。著書に「問題解決のための『社会技術』」(中公新書)、「社会技術論:問題解決のデザイン」(東京大学出版会)など。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.lab, Inc. マネージング・ディレクター。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(副代表理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

Back