Apr 14, 2021

2021年度第2回レギュラー・ワークショップ
「With/Afterコロナ時代の、『楽しみ』のイノベーション」

//新型コロナウィルスの感染拡大の影響に伴い、事態が収束するまでワークショップは全てオンラインでおこないます。//

第2回レギュラー・ワークショップは、i.schoolの第1期生で、イノベーションのコンサルティング事業を展開しているi.labの代表、さらにはi.schoolのディレクターでもある横田幸信によるファシリテーションで実施します。
テーマは「With/Afterコロナ時代の、『楽しみ』のイノベーション」です。

COVID-19の影響により、かつて当然のこととして私たちが享受していた「楽しみ」である、何気ない立ち話や仕事帰りの一杯、海外旅行、フェスへの参加など、そうした行動は容易くは出来なくなりました。

一方で、そうした我慢の多い生活の中でも、新たな「楽しみ」を見出す人も増えてきました。例えば、自宅でパン作りを始めた人、日本全国の一軒家で在宅ワークを行う人、近場の隠れた名所を散策する人、これまでの私たちの価値観からすると、ともすれば地味と思われがちな行為に、新しいオルタナティブ(=主流な方法に変わる新しいもの)な楽しみの芽吹きを感じます。

今回のワークショップでは、COVID-19によって変化した自分自身の行動変化、価値観変化を調査対象として事例を収集し、分析を行い、新たな楽しみのヒントを探索します。

また、その行動・価値観変化の先にある未来の普通やあり得る姿について思いを巡らし、これまでにない、オルタナティブでビジョナリーな「楽しみ」の機会領域を創造的に設定します。

さらには、その新しい「楽しみ」の要素をもった具体的な製品・サービス・体験のアイデアを創出します。私たちは現在進行形で、自分たち自身、社会が変化する真只中を生きています。これを前向きに好機と捉え、それこそ人間中心で自分の体験を基に未来を洞察し、これからの「楽しみ」を創造していきましょう。

■テーマ:「With/Afterコロナ時代の、『楽しみ』のイノベーション」

■ファシリテーター:横田 幸信(i.school ディレクター、i.labマネージング・ディレクター)

■日時:
5/8(土)、5/22(土)10:30-17:00
5/26(水)19:00-22:00
5/29(土)13:00-17:00

■実施方法:Zoomを使用しての開催。当日のアクセス先はおってご案内します。

■参加者:通年生、公募生、法人枠の企業等合わせて30名程度

■使用言語:日本語

■事前課題:参加される方におってメールにてご案内いたします。

■参加費用について:ワークショップの参加費用は無料です。
ネットワーク接続等にかかる環境はご自身で設定をお願いします。

■お申込み:
この度、通年生に加えて若干名の公募生(現役の大学生・大学院生)を募集いたします。
ご希望の方は以下「APPLY」より必要事項をご記入の上、ご応募ください。
応募締切:2021年4月28日(水)12:00
※全ての日程に参加できることがご応募の条件となります。
※選考にて参加者を決定いたします。
※通年生はFacebookグループより出欠登録をしてください。
※法人枠でご参画の企業の方は別途ご担当者へお送りしているメール添付のURLよりご登録をお願いいたします。

期日になりましたので締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.labマネージング・ディレクター(代表取締役)。早稲田大学ビジネススクール(WBS)非常勤講師。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

Back