• 日本語
  • English

Jun 26, 2009

人間中心イノベーション・シンポジウム – 世界のトップ・ビジョナリーに学ぶ!2009.9.11.

※申し訳ございませんが、参加募集は終了いたしました。追加募集の際にすでにメールにてお申し込みをいただいている皆さまにつきましては、調整後順次ご連絡をしております。今しばらくお待ちください。またご応募の受付につきましても、東京大学在籍者を優先しております旨ご了承をお願いいたします。※

i.school開校を記念してシンポジウムを開催いたします。

『人間中心イノベーション・シンポジウム – 世界のトップ・ビジョナリーに学ぶ!』

2009年9月11日(金) 13:00(12:30開場)~17:30 東京大学 福武ラーニングシアター
定員:180名/定員に達し次第、受付を締め切ります。
同時通訳付き
参加:どなたでも参加出来ます。参加無料!
お問い合わせ:シンポジウムに関するお問い合わせは

→Contact Usのフォーム
またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp

までお願いいたします。

<プログラム内容(抜粋)>
基調講演 Innovation through Design Thinking | Tom Kelley
Tom Kelley氏は困難な時代を生き抜く方法論として「ラーニングロール」に注目しています。世界中のクライアントに行ったイノベーションプログラムの実績を踏まえ、人間行動観察、トライ・アンド・エラー、外部の文化や産業からインサイトを発見するクロス・ポリネートと呼ばれる方法などを通じて、個人、チーム、企業または行政が独自のイノベーションを確立するための方法論を語ります。

基調講演Designing the Future | Heather Fraser
世界が未曾有の混迷に直面する現代、未来のリーダーが備えるべきメソッドやマインドセットは何か。ビジネススクールのデザインプログラムというユニークな立ち位置から、ビジネスとデザインのクロスポイントに着目するHeather Fraser氏が、「ビジネスデザイン」というコンセプトを軸に過去のケースを振り返りつつ、価値の創造とサステナビリティを実現するために、企業や行政が獲得すべきキーファクターについて語ります。

インタラクティブ・セッション1 人間中心イノベーションを巡る、産業・環境・教育の日米比較
Barry Katz × 紺野登 × 堀井秀之
今なぜイノベーション教育なのか、そしてなぜ人間中心なのか。i.school設立の理念と目標を、同校エグゼクティブ・ディレクター堀井秀之が、Barry Katz氏、紺野登氏を迎えてマクロ、ミクロな視点から討議します。論点は産業の歴史、デザインの立場、サステナビリティの実現可能性、そして教育の貢献可能性へ。日米の論客による白熱したディスカッションをお伝えします。

インタラクティブ・セッション2 人間中心イノベーションの謎を解くKey Questions!
東京大学学生の有志が組織する<イノベーション探検隊>(通称・イノタン)が、自主リサーチを通じて発見したイノベーションにまつわるキークエスチョンをプレゼンテーション。ゲストのビジョナリー達に挑みます。

  • Tom Kelley

    Tom Kelley is a Partner at IDEO, a global design and innovation firm that helps clients create new products, services, environments, and experiences. He is author of The Art of Innovation (Hasso Suru Kaisha), The Ten Faces of Innovation (Inoveshun no Tatsujin), and the New York Times bestseller, Creative Confidence (Kuretivu Maindosetu). All three of Tom’s books have had successful Japanese editions. Tom is also a leading innovation speaker, addressing scores of business audiences in Asia, Europe, and America on how to foster a culture of innovation and tap into the creative potential of their organizations.

    Tom was appointed as an Executive Fellow at the founding of the University of Tokyo’s innovative new “i.school” in 2009, and continues to perform that role. He also currently serves on the board of directors at the Tokyo-based Japan Innovation Network. From his home in the Silicon Valley, he participates as an official Friend of the Council to the U.S.-Japan Council, which uses innovative programs to increase positive and productive cooperation with Japan.

  • Barry Katz

    Barry Katz is Consulting Professor of Mechanical Engineering at Stanford University, Professor of Industrial and Interaction and Design at the California College of the Arts, and Fellow at IDEO, the global design and innovation consultancy. He is the author of six books, including Change By Design with Tim Brown, (Harper Collins, 2009), which explores the nature of design thinking as a strategy of business, and NONOBJECT, with Branko Lukic, (MIT, 2010), a conceptual exploration of “the space between person and product.”  A new book, Make it New: The History of Silicon Valley Design, will be published by the MIT Press in Fall, 2015. Dr. Katz consults with governments, companies, and academic institutions worldwide and his writings on design as a strategy of innovation have appeared in many academic, professional, and popular journals.

  • Heather Fraser

    Heather Fraser is Adjunct Professor at Rotman.  She is co-founder of Rotman DesignWorks.  She is a leader in Business Design practices and design-inspired student programs. She consults on Business Design initiatives for corporations, public entities, and educational institutions internationally.  In 2012, Heather started up a new independent venture, Vuka Innovation, which is dedicated to building organizations’ capacity to innovate through Business Design. Heather is the author of Design Works: How to Tackle Your Toughest Innovation Challenges through Business Design.  Prior to joining Rotman, Fraser held leadership positions at Procter & Gamble, Ogilvy & Mather, and TAXI Advertising & Design.

  • 紺野 登

    多摩大学大学院教授(知識経営論)、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授。一般社団法人 Japan Innovation Network代表理事、KIRO株式会社(Knowledge Innovation Research Office)代表。日建設計顧問。知識経営変革、ナレッジマネジメント、知識産業における事業開発、デザイン経営戦略やリーダーシップ・プログラム、研究所などのワークプレイス戦略等、実務に即した知識経営研究と実践を行う。最近は知識創造の場の研究、フューチャーセンターに関するイニシアティブ(Future Center Alliance Japan)を行っている。著書に「知力経営」(1995、ベストグローバルビジネスブック賞)、「知識創造の方法論-ナレッジワーカーの作法」(2003)、「知識創造経営のプリンシプル-賢慮資本主義の実践論」(2012)(以上野中郁次郎氏との共著)、「知識デザイン企業」(2008)、「ビジネスのためのデザイン思考」(2010)「利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか(目的工学)」(2013)などがある。

  • 堀井 秀之

    i.schoolエグゼクティブ・ディレクター。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。JSIC(日本社会イノベーションセンター)代表理事。1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了。専門は社会技術論、国際プロジェクト論、イノベーション教育論。i.schoolエグゼクティブ・ディレクターとして、i.school運営を統括する。東京大学知の構造化センターではセンター長として、分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進。著書に「問題解決のための『社会技術』」(中公新書)、「社会技術論:問題解決のデザイン」(東京大学出版会)など。

Back