• 日本語
  • English

Aug 2, 2010

2010夏のシンポジウム「イノベーション思考のメソドロジー?」Is innovation methodology possible? 2010.8.28.

ご応募の受付を締め切りました。ご応募された皆様には順次お返事をお送りしておりますので、ご確認をお願いいたします。

夏のシンポジウム
Ziba
× Stanford d.school × 東京大学i.school
イノベーション思考にメソドロジーは可能か?

Is innovation methodology possible?

i.schoolがこれまで一貫して主張する「人間中心イノベーション」は、イノベーションを技術革新と捉えず、人間の知覚・習慣・価値観の根本的な変化を伴う現象と位置づけます。しかし、これらの変化は結果として現れるものであって、はじめから「狙って」アプローチすることの難しさは容易に想像できましょう。生活者のニーズやウォンツを具現化することにとどまらず、これまで世に存在しない価値を創造するためには、論理思考を超えた思考の羽ばたきが大切です。しかし、このような「イノベーション思考」は、再現可能なものでしょうか。人から人へと移転可能な「メソドロジー」として扱うことができるのでしょうか。

「夏のシンポジウム」では、イノベーション思考のメソドロジーの可能性をめぐって、ビジネス、学術の双方から、実践的な議論を進めます。

ビジネスを代表して、米国・Portlandに本拠を構え、戦略的デザインファームとして世界的評価を受けるZibaの戦略担当ディレクター・濱口秀司氏を迎えます。濱口氏は、企業活動、およびマーケット・社会のダイナミクスを視覚的に捉え、革新的な戦略・コンセプトの提案に結びつける活動をこれまで15年にわたって進めてきた、筋金入りの戦略家です。

学術を代表して、スタンフォード大学のMichael Shanks教授を迎えます。Shanks教授は、考古学を専門としながら、同大学d.schoolなどで歴史的な俯瞰視点を前向き思考(未来思考)に援用する、創造的意思決定の研究教育に携わってきました。

パネルディスカッションには、多摩大学大学院の紺野登教授、i.schoolエグゼクティブ・ディレクター 堀井秀之教授が加わります。「イノベーション思考」の実践に向けた多角的な議論を通じて、今後のイノベーション教育のあり方を探ります。

‘Human-Centered Innovation,’ that we have advocated since we were launched, does not mean technological breakthroughs, but positions itself as phenomena accompanying people’s fundamental changes of their perception, habitual practice, and a set of values. These are, in fact, all afterthoughts. We therefore may imagine it is extremely difficult to set an approach to the changes beforehand. It is essential to let our imagination fly when we figure out a novel value, that is far beyond simply realizing consumer’s needs and wants. Is such ‘innovation thinking’ reproducible? Can we deal with it as transferable methodology?

In this symposium, we will have a practical discussion both from business and academic perspectives if innovation methodology possible.

From the business, we invite Mr. Hideshi Hamaguchi, Director of Strategy at Ziba which has a global reputation as a strategic design firm based in Portland. Oregon. He has continuously developed innovative concepts and strategies through visualizing dynamics of corporate, market, and societal realities for fifteen years. He is so to speak a hard-core strategist.

From the academia, we invite Prof. Michael Shanks from Stanford University. Although he has specialized in Archeology, he has been engaged in research and education in creative decision-making by applying a long term historical perspective, which assist us forward thinking.

In the panel discussion, in addition to the two invited speakers, Prof. Noboru Konno from Tama University and Prof. Hideyuki Horii from i.school, The University of Tokyo join. They will explore future innovation education through the discussion on ‘innovation thinking’ from a variety of perspectives.

日時>2010年8月28日(土) / Date and Time>August 28, 2010

9:00受付スタート / 9:00 Start registration
9:30シンポジウムスタート / 9:30 Start symposium 12:30終了 / 12:30 Close symposium

会場>東京大学 福武ラーニングシアター / Venue>Fukutake Learning Theater, Hongo Campus, The University of Tokyo
→ access

参加>どなたでも参加できます。参加費無料。 / Attendance>Anyone can attend, free of charge.

言語>日本語、英語。同時通訳付き。 / Language>Japanese, English (Simultaneous interpretation service available)

参加お申込み>本Webサイトの申込みフォームよりご登録ください。後日事務局よりメールにてお返事いたします。先着順。定員(180名)に達し次第、受付を締め切ります。 / Registration>To sign up, please click on the RSVP (申し込み)tab, and fill in the format. Up to 180 persons, we will receive the entries in order of arrival, and will confirm the acceptance by email within a few days.

お問い合わせ>
シンポジウムに関するお問い合わせは
→Contact Usのフォーム
またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp
までお願いいたします。
Inquiry>If you have any questions regarding to the events or i.school, please contact us through the contact form, or just send an email to info<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp.

講演者・進行> / Speakers and Moderator

  • 濱口 秀司

    monogoto, CEO, ziba, executive fellow 松下電工(株)にて研究開発に従事後、戦略投資案件の意思決定分析担当となる。 1998年米国のデザイン・イノベーションのコンサルティング会社zibaに参画。USBフラッシュメモリをはじめとする数々のコンセプトづくりをリード。IDEA金賞など数々のデザイン賞を受賞。 その後、松下電工(株)新事業企画部長、パナソニック電工米国研究所(株)上席副社長、米国ソフトウエア開発ベンチャーCOOを歴任。 2009年戦略ディレクターとしてzibaにリジョイン。 2013年ziba Executive Fellow, 取締役会特別顧問。自らの実験会社monogotoを起動。 コンセプト立案、戦略構築について独自の理論と方法論を持ち、数多くのクライアントのイノベーションに関わっている。 ドイツRedDotデザイン賞審査員。

  • Michael Shanks

    Two questions have driven Michael Shanks’ research into prehistoric Europe: Design – from Classical antiquity to the contemporary fine arts – How are we to understand people and societies through the things they make and leave behind? And – How are we to write the archaeological past on the basis of what is left behind? – a question of the documentation of event. This historiographic interest in documenting the presence of the past has led to a range of experimental work, including a major project with performance artist Mike Pearson (Theatre/Archaeology), defined as the rearticulation of fragments of the past as real-time event.
    Shanks is the Omar and Althea Dwyer Hoskins Professor of Classical Archaeology. He is also Director of Stanford Archaeology Center’s Metamedia Lab, which applies an archaeological sensibility to media new and old, and Co-Director of the Stanford Humanities Lab, a groundbreaking cross-disciplinary center of digital humanities. He received his B.A. and Ph.D. from Cambridge University, and was a lecturer at the University of Wales, Lampeter before moving to the United States in 1999 to take up a Chair in Classics at Stanford.

  • 紺野 登

    多摩大学大学院教授(知識経営論)、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授。一般社団法人 Japan Innovation Network代表理事、KIRO株式会社(Knowledge Innovation Research Office)代表。日建設計顧問。知識経営変革、ナレッジマネジメント、知識産業における事業開発、デザイン経営戦略やリーダーシップ・プログラム、研究所などのワークプレイス戦略等、実務に即した知識経営研究と実践を行う。最近は知識創造の場の研究、フューチャーセンターに関するイニシアティブ(Future Center Alliance Japan)を行っている。著書に「知力経営」(1995、ベストグローバルビジネスブック賞)、「知識創造の方法論-ナレッジワーカーの作法」(2003)、「知識創造経営のプリンシプル-賢慮資本主義の実践論」(2012)(以上野中郁次郎氏との共著)、「知識デザイン企業」(2008)、「ビジネスのためのデザイン思考」(2010)「利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか(目的工学)」(2013)などがある。

  • 堀井 秀之

    i.schoolエグゼクティブ・ディレクター。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。JSIC(日本社会イノベーションセンター)代表理事。1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了。専門は社会技術論、国際プロジェクト論、イノベーション教育論。i.schoolエグゼクティブ・ディレクターとして、i.school運営を統括する。東京大学知の構造化センターではセンター長として、分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進。著書に「問題解決のための『社会技術』」(中公新書)、「社会技術論:問題解決のデザイン」(東京大学出版会)など。

  • 田村 大

    株式会社リ・パブリック共同代表。東京大学i.school共同創設者エグゼクティブ・フェロー。2005年、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。
    博報堂イノベーションラボにて市川文子とともにグローバル・デザインリサーチのプロジェクト等を開拓・推進した後、独立。人類学的視点から新たなビジネス機会を導く「ビジネス・エスノグラフィ」のパイオニアとして知られ、現在は、福岡を世界に冠たるイノベーション都市に育て上げる取り組み「イノベーションスタジオ福岡」のディレクターとして、研究と実務の往復に力を注ぐ。

Back