西口 尚宏 Naohiro NISHIGUCHI

一般社団法人Japan Innovation Network発起人 且つ 専務理事 日本防災プラットフォーム発起人 且つ 代表理事 日本長期信用銀行、世界銀行グループ人事局(ワシントンDC)、マーサー社のグローバルM&Aコンサルティングのアジア太平洋地域代表(ワールドワイドパートナー)、産業革新機構 執行役員等を経て、現職。
2010年に、経済産業省フロンティア人材研究会の立ち上げと運営に主体的に関与し、その提言内容の実行を行う一般社団法人Japan Innovation Networkを発起人の一人として2013年7月に設立。「大企業からイノベーションは興らないという定説を覆すこと」に注力している。
また、日本防災技術・ノウハウを海外に展開し、自然災害による被害を最小化することを目的として、国土交通省などと共に日本防災プラットフォーム(JBP)設立及び代表理事に就任。国連、世界銀行、アジア開発銀行などとの活発な交流を進めている。
文部科学省 科学技術・学術審議会人材委員会委員。M&A研究会(内閣府経済社会総合研究所)、M&A フォーラム、地域経営研究会委員等歴任。在米8年のビジネス経験を有する。
上智大学経済学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院卒(MBA)。
主な著書: ・「M&Aを成功させる組織人事マネジメント」  (日本経済新聞出版社、2007) ・「人事デューデリジュンスの実務」(中央経済社、2006)

Mr. HIRO Nishiguchi is Executive Managing Director of a non-profit innovation platform organization, Japan Innovation Network, which he created with government research committee members.

Prior to his current position, he was Executive Managing Director of Innovation Network Corporation of Japan (INCJ), which is a quasi-government investment fund with $20 billion investment capacity to foster innovation among Japanese corporations.

Prior to INCJ, he was Worldwide Partner and Region Head of Global M&A Consulting of Mercer. He has worked with many global players on major M&A transactions including cross-border M&A.

Before Mercer, he worked with the World Bank Group in Washington DC and Long-Term Credit Bank of Japan in the US and Japan. His major publications are `Successful M&A Organization and People Integration Strategy` by Nikkei Newspaper Publishing and `Practical guide for HR Due Diligence` by Chuo Keizai.

He received MBA from Kellogg School of Management at Northwestern University and a bachelor degree from Sophia University in Tokyo. He has visited more than 30 countries and lived and worked in Chicago and Washington DC from 1992 to 2001. He enjoys ocean activities including scuba-diving and sailing.

Back