Mar 3, 2012

2012-13年度通年参加学生募集中!

募集を終了させていただきました。通年生応募に間に合わなかったが、i.schoolのワークショップに参加してみたいという方は、個別ワークショップごとに若干名の参加募集を行う予定ですので、奮ってエントリーください。近日、第1回ワークショップ「広告のイノベーション」(ファシリテーター:濱口秀司、田村大)の参加募集を開始します。

i.schoolコアメンバーとして、人間中心イノベーション・ワークショップに通年参加しませんか?

「イノベーションの学校」東京大学i.schoolは、今年5回のワークショップを実施します。コアメンバーとして継続的にワークショップ参加を希望する通年生の募集を開始します。

通年生は、第1回、第2回、第5回ワークショップへの参加を必須とします。第3回、第4回ワークショップは、個別審査なく、優先的に参加権を与えます。3回以上のワークショップに欠席なく参加し、期待する水準まで成長を遂げた学生は「修了生」と認定して表彰します(学位の授与ではありません)。

i.school通年生は原則的に、東京大学の修士・博士課程に所属する学生から参加を募ります。また、1)「申し込みフォーム」の記載内容、2)面接による2段階の選抜を行います。「申し込みフォーム」の記載内容が1次選抜の資料となりますので、くれぐれもご留意ください。

●募集人数:10名

●募集期限:3/30(金)深夜0時 ※ 「申し込みフォーム」登録者には期限を待つことなく、順次面接を実施します。絶対評価で採否を決定していきますので、募集期限を待つことなく定員に達する場合もあります。早めの応募をお薦めします。

>>>2012-13年度年間プログラム(※日程・内容は、予告なく変更する場合があります。)

●第1回ワークショップ―広告のイノベーション | 東京大学 山中寮

2012年5月5日~7日 ※日程が変更になりました。

ファシリテーター : 濱口秀司(Ziba戦略ディレクター)

●第2回ワークショップ―これからの家事 | 東京大学 本郷キャンパス内

2012年5月3週~7月3週(全10回)

ファシリテーター : 田村大(東京大学i.school)

●第3回ワークショップ―家電のイノベーション | 東京大学 本郷キャンパス内

2012年7月下旬

ファシリテーター : Shun Ishikawa(PDD Senior Design Consultant)

●第4回ワークショップ―インドの未来を洞察する | Indian Institute of Technology(インド)

2012年9月中旬

ファシリテーター : 堀井秀之(東京大学i.school)他

●第5回ワークショップ―グローバルイノベーションの実践 | 東京大学 本郷キャンパス内

2012年 10月2週~12月3週(全10回)

ファシリテーター : 堀井秀之(東京大学i.school)他

※人間中心イノベーションワークショップは、東京大学在学中の学生(大学院生中心)に限ります。また、参加者は、全日程の出席が求められます。

<お問い合わせ>ワークショップに関するお問い合わせは

Contact Usのフォーム

またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp

までお願いいたします。

i.schoolディレクター> / Directors

  • 堀井 秀之

    堀井 秀之(ほりい ひでゆき) i.school エグゼクティブ・ディレクター/(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事、東京大学名誉教授。
    1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了、1996年より東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。専門は社会技術論、イノベーション教育論。2009年よりイノベーション教育プログラム、i.schoolをエグゼクティブ・ディレクターとして運営し、新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システム等のアイディアを生み出すことのできる人材を育成。2016年に一般社団法人日本社会イノベーションセンター(Japan Social Innovation Center, JSIC)を設立。政府、企業とi.schoolの学生・修了生が協働して社会イノベーションを推進する活動を通じて、実践的な教育機会を提供することを目指している。2018年に東京大学を退職。著書「問題解決のための『社会技術』」、「社会技術論:問題解決のデザイン」など。

  • 田村 大

    株式会社リ・パブリック共同代表。
    東京大学i.school共同創設者エグゼクティブ・フェロー。北陸先端科学技術大学院大学客員教授。

    1994年博報堂に入社。以降、デジタルメディアの研究・事業開発等を経て、同社イノベーションラボに参加。同ラボ上席研究員を経て2013年に独立、株式会社リ・パブリックを設立。福岡市のイノベーション基盤づくり事業「イノベーションスタジオ福岡」の創設を始め、国内外でイノベーションを持続的に起こす環境の設計・実装を進める。現在、福岡を拠点に、九州発の文化を海外に発信するプロジェクト・『UNAラボラトリーズ』を主宰。新しい地域デザインのあり方を模索している。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.labマネージング・ディレクター(代表取締役)。早稲田大学ビジネススクール(WBS)非常勤講師。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

Back