• 日本語
  • English

Apply Now

Jan 21, 2017

2016年度第7回レギュラーワークショップ(インドワークショップ)

2012年度から続く東京大学i.schoolとインド工科大学ハイデラバード校(IITH)のコラボレーションワークショップを今年度もインド・ハイデラバードにて開催します。今年度のテーマは「e-health」(仮)を予定しています。ワークショップに先んじて、インド・ハイデラバードにおける生活者インタビューや関連施設等へのフィールド観察を実施、その結果を用いて新しい製品・サービスのアイデア創出ワークショップを実施します。

プログラム日程>

2017年3月10日(金)~3月15日(水)

– – – – –
3/10(金) 出国
3/11(土) フィールドワーク
3/12(日) ワークショップ day1(理解)
3/13(月) ワークショップ day2(創出)
3/14(火) ワークショップ day3(実現)
3/15(水) 帰国
– – – – –

テーマ>e-health(仮)

参考>
2015年度のビデオ
https://www.dropbox.com/s/p2a2l2cqjmwp6v7/ischool%20x%20IITH%202016%20-%20w%3Ao%20Doraemon.mp4?dl=0

2014年度のビデオ
https://www.dropbox.com/s/d1ee1qs5amfbqq0/ischoolxIITH-ver2.mp4?dl=0

言語>英語

ファシリテーター>堀井秀之(東京大学工学系研究科教授、i.schoolエグゼクティブディレクター)、横田幸信(i.schoolディレクター)、新隼人(i.schoolプログラムマネージャー)

参加・選考>
通年生、パイロット生、協賛企業。応募内容とこれまでの参加実績をもとに選考を行います。

募〆切り>
2017年1月26日(木)正午(通年生・パイロット生)
フライト予約の都合上、期間が短かく恐縮ですがご了承ください。

フライト情報(予定)>(※学生)
10MAR SQ637 NRT/SIN 1105/1745
10MAR SQ5474 SIN/HYD 2005/2210

14MAR SQ5473 HYD/SIN 2305/0615+1(15MAR Arr)
15MAR SQ12 SIN/NRT 0920/1705

SQ: Singapore Airlines
NRT: Narita SIN:Singapore
HYD: Hyderabad

ホテル情報>(※学生)
Radisson Hyderabad Hitec City
Gachibowli Miyapur Rd, Post Hitech City, Gachibowli, Hyderabad, India AP 500032

参加学生の費用負担>
往復航空チケットはi.schoolが負担、宿泊については、一日につき8,000円程度を参加者が負担(朝食含む)。
その他の費用(食費や現地での交通費など)は参加者が負担。

事前説明会>2月中旬に開催予定

  • 堀井 秀之

    堀井 秀之(ほりい ひでゆき) i.school エグゼクティブ・ディレクター/(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事、東京大学名誉教授。
    1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了、1996年より東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。専門は社会技術論、イノベーション教育論。2009年よりイノベーション教育プログラム、i.schoolをエグゼクティブ・ディレクターとして運営し、新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システム等のアイディアを生み出すことのできる人材を育成。2016年に一般社団法人日本社会イノベーションセンター(Japan Social Innovation Center, JSIC)を設立。政府、企業とi.schoolの学生・修了生が協働して社会イノベーションを推進する活動を通じて、実践的な教育機会を提供することを目指している。2018年に東京大学を退職。著書「問題解決のための『社会技術』」、「社会技術論:問題解決のデザイン」など。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.lab, Inc. マネージング・ディレクター。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(副代表理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

APPLY

Back