• 日本語
  • English

Apply Now

Jun 11, 2018

2018年度第4回レギュラー・ワークショップ「ムダを出さない消費生活の未来~ゼロエミッションライフ~」

近代的な文明生活と裏腹に生まれる、資源・エネルギーの大量消費、また大規模な廃棄物が、温暖化など私達の生活環境を脅かす大きな問題として注目される様になりました。これに対し自動車など産業界を中心に生産工程や製品スペックのゼロエミッションが長期ロードマップに掲げられる様になり、また住環境においても資源・エネルギーを地域でリサイクルするエコタウン化事業などが推し進められていますが、一方で、私達は自身の生活とこの問題にどの様に向き合っていくべきなのでしょうか。ルールや規制で強いる、また近代生活を捨てるのでもない、ムダを出さない消費生活の未来とは?。
そんな暮らしのあり方を支える商品やサービスのアイデアを創出し、自然環境との持続的な共生関係を再構築していきます。

未来洞察の調査やコンサルティングを多数手がける日本総合研究所未来デザイン・ラボのメンバーに、非線形の未来を洞察する手法を活用して、2日間のワークショップをナビゲートしていただきます。

日程>
2018年7/13(金)-7/14(土)10:00-18:00

会場>i.schoolスタジオ
東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F(東京大学赤門前)

参加>25名程度 (通年生、スポンサー企業、パイロット生)

事前ガイダンス>7/3(火)19:00-20:00 (i.schoolスタジオ)事前課題の説明を含むガイダンスを行います。出来るだけご出席をお願いいたします。

  • 粟田 恵吾

    株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門ディレクタ。
    1982年、九州大学経済学部卒業。株式会社博報堂でマーケティングリサーチ&プラニングに従事した後、英国Business Futures社のライセンスを得て、2003年博報堂フォーサイト/2007年博報堂イノベーションラボを発足。不確実な未来を洞察することを源泉とした新規事業・新技術開発(イノベーション)支援に従事。また、米国IDEO社との協業も開始し、エスノグラフィックリサーチを活用したデザインイノベーション支援に従事。2015年、日本総合研究所に新設された未来デザイン・ラボに合流。
    共著に「亜州未来図2010~4つのシナリオ~」(阪急コミュニケーションズ)など。

APPLY

Back