• 日本語
  • English

Jul 25, 2014

2014-15年度 第4回レギュラー・ワークショップ「Create regional innovation : Proposal of projects to attract people visiting the Tokyo Olympic Games」2014.8.

※このワークショップは公募を行いません。
※このワークショップは東大イノベーションサマープログラム(TISP)のプログラムの一部として行われます。

Learn a method to create regional innovation and revitalize an area by exploiting its attractive features. Existing cases of regional innovation are analyzed. Through categorization of them, mechanisms to transform attractive features of regions into values are identified. Analogical thinking is activated to create innovative idea of regional innovation. Utilizing the attractive points of Tokyo found from the field observation in the pre-module, projects to attract people visiting the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games will be proposed. Participants will enjoy a typical workshop process of i.school. by exploiting its attractive features. Through studying existing cases, mechanisms for regional innovation will be identified. Utilizing the attractive points found from the field survey in the pre-module, projects to attract people visiting the Tokyo Olympic Games will be proposed.

Date and time: 10:00-18:00, Group A: August 1(Fri)-2(Sat), Group B: August 4(Mon)-5(Tues)

Venue: KOMCEE, Komaba Campus
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

Facilitator:i.school

** This workshop is a part of the program TISP2014.
http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/summer/

** There is no additional call for participation.

  • 堀井 秀之

    堀井 秀之(ほりい ひでゆき) i.school エグゼクティブ・ディレクター/(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事
    1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了、1996年より東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。専門は社会技術論、イノベーション教育論。2009年よりイノベーション教育プログラム、i.schoolをエグゼクティブ・ディレクターとして運営し、新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システム等のアイディアを生み出すことのできる人材を育成。2016年に一般社団法人日本社会イノベーションセンター(Japan Social Innovation Center, JSIC)を設立。政府、企業とi.schoolの学生・修了生が協働して社会イノベーションを推進する活動を通じて、実践的な教育機会を提供することを目指している。2018年に東京大学を退職。著書「問題解決のための『社会技術』」、「社会技術論:問題解決のデザイン」など。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.lab, Inc. マネージング・ディレクター。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(副代表理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

Back