Apr 21, 2015

2015年度第1回レギュラー・ワークショップ「病院で死ねない時代の暮らし」

超高齢社会においては老老介護が常態化し、同時に医療と福祉の境目をなくそうという地域包括ケアの取り組みが進行していく未来においては、“健康な核家族を前提とした”現在の住まいのあり方は大きく変わっていくことになるでしょう。
そうした未来へ向けてどのような住まいのあり方が求められるかについて、具体的なアイデアを出しながら考えてゆく未来洞察ワークショップを行います。不連続な変化を前向きに起こしていくつもりで、既成概念や制度に縛られない「あるべき未来」を一緒に考えていきます。
ゲスト講師からは、病院で死ねない時代とはどういう時代なのか、在宅介護・看取りに伴う問題やその解決アイデアにはどのようなものがあるか、についてレクチャーいただきます。
また博報堂イノベーションラボからは、不連続な変化を考えるためのスキャニングセッションのために、「変化の兆し」を集めたマテリアルが事前配布されます。

政府、大手企業への未来コンサルティングを多数手がける博報堂イノベーションラボのメンバーが、非線形の未来を洞察する手法・スキャニングを活用して、2日間のワークショップをナビゲートします。

日程>2015年5月16日(土)-17日(日)合宿形式

2015年5月16日(土)9:00-18:00/17日(日)9:00-16:00

※5/15(金)夜間からの会場入りを想定しています。(滞在は2泊3日/5月15日は夕食の用意はありません。)

会場> 東京大学山中寮内藤セミナーハウス

ファシリテーター、ゲスト>粟田恵吾、石野幹生、板井麻美子(博報堂 イノベーションラボ)清水愛子(グッドネイバーズカンパニー)、藤原まり子(Business Futures Network)

参加>30名程度 (通年生、パイロット生、スポンサー企業)
※ 本ワークショップは通年コースの必修科目です。

使用言語>日本語

参加費用について>
ワークショップの参加費用は無料です。
※山中寮までの往復交通費は自己負担です。
※宿泊費、食費はi.schoolが負担します。

山中寮アクセスについて>
山中寮 https://sites.google.com/site/sportiayamanaka/
アクセス https://sites.google.com/site/sportiayamanaka/access

現地までの交通手段は各自にお任せですが、高速バスが便利です。
新宿から片道2050円です。<山中湖村役場前>下車 http://bus.fujikyu.co.jp/highw/jikokuhyo/01.html

その他>
5/15(金)夜 懇親会を予定しています。(参加は任意)(詳細は参加者に別途ご連絡)

  • 粟田 恵吾

    株式会社日本総合研究所 未来デザイン・ラボ プリンシパル

    2015年に日本総合研究所に新設された未来デザイン・ラボに参画。
    前職の広告会社では企業のマーケティング支援に従事。2003年に英国Business Futures社の協力を得て以来、一貫して企業における未来洞察の普及とイノベーションコンサルティングに従事。

    著書:「未来洞察の教科書」(共著、2016、KADOKAWA)、「2030経営ビジョンのつくり方」(共著、2019、日本経済新聞出版社)、論文:「ホライゾンスキャニング手法による未来洞察活動」(共著、2018、横幹第12巻第2号)

  • 石野 幹生

    株式会社日本総合研究所 未来デザイン・ラボ シニアマネジャー

    2015年に日本総合研究所未来デザイン・ラボに参画。
    以前は広告会社にて、主に企業のマーケティングやブランディング支援に従事。15年前頃からは未来洞察をはじめとしたイノベーションコンサルティングを多く手掛ける。
    日本総合研究所に移籍以降、新規事業企画、研究開発テーマ策定支援、経営ビジョン策定支援などで未来洞察を活用したコンサルティングに従事し、現在に至る。

  • 板井麻美子

    博報堂イノベーションラボ コンサルタント。外資系メーカーでのマーケティング、博報堂ブランドデザインでのコンサルティングを経て、博報堂イノベーションラボに参加。未来洞察の他、エスノグラフィックリサーチによる生活者洞察やデザイン思考をベースとした事業開発を中心に、数多くのコンサルティング業務を手掛けている。

Back