Jan 24, 2012

オープンi.school2012 Day-7: idea-brokering: あなた目線のソーシャル・イノベーション 2012.2.11.

open-ischool_logo1

ご応募の受付を締め切りました。取材・見学ご希望の方は、下記の要領に従って申請をお願いします。

「ソーシャル・イノベーション」とは、人や組織の活動の中でも特に社会生活に存在する問題に焦点をあて、その解決を目指して社会的価値を創出する取組みや結果のことを意味します。ソーシャル・イノベーションは、必ずしも先端的な技術や洗練されたビジネスモデルを基にして始まるわけではありません。また、新聞・雑誌、テレビ、専門機関が発行するレポートなどが指摘する社会問題が、ソーシャル・イノベーションを構想するきっかけの全てとも限りません。

私たちが社会問題解決の専門家ではないとしても、自分達の普段の生活や突然発生する災害などでの体験を洞察することを通して、自分だけではなく、社会全体が抱える問題やその解決策までも考えを巡らせることが出来ます。今回のワークショップでは、ソーシャル・イノベーションを目的としたアイディア創出の方法論を紹介するだけではなく、実際にイノベーティブなアイディアを生み出すことを目指します。

題材として、私たちの生活で直面しうる突発的で非連続な出来事(例えば日本で発生した大地震やアイスランドの経済危機など)に端を発した、個人や社会の変化に関するエスノグラフィックリサーチの成果を共有します。それを通じて、皆さん自身の体験・感情を思い起こし、皆さん自身の視点から何らかの社会的問題課題を設定します。さらに、その課題を克服しうるソーシャル・イノベーションへとつながるアイディアを創出していただきます。未曾有の震災を経て、私たちが体験し、感じてきたことを、今一度見つめ直し、ソーシャル・イノベーションのきっかけを探してみませんか?

日程>2012年2月11日(土) 13:00~17:30 / Date and Time> 1:00PM – 5:30PM, February 11, 2012

会場>東京大学 本郷キャンパス工学部2号館2階「展示室」 / Venue>Exhibition Room at Engineering Building-2, Hongo Campus, The University of Tokyo

定員:16名 / どなたにもご参加いただけます。応募者が定員を超えた場合、参加者属性のバランスも考慮して選抜を行います。

言語>日本語 / Language>Japanese

見学希望>見学ご希望の受付は終了しました。人数制限のため見学の可否については順次メールにてご連絡いたします。 http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/programs/flow

その他のお問い合わせ>ワークショップに関するお問い合わせは
Contact Usのフォーム
またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp

までお願いいたします。

ファシリテーター:

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.labマネージング・ディレクター(代表取締役)。早稲田大学ビジネススクール(WBS)非常勤講師。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

  • 市川文子

    博報堂イノベーションラボ研究員。慶應義塾大学政策・メディア研究科修了。卒業とともにノキア・フィンランドに入社。以来9年間、ユーザエクスペリエンスのエキスパートとして世界各国でフィールドワークの実施とディレクションを行い、製品・サービスの企画開発に携わる。2008年にノキアを退社。以降、フリーのコンサルタントとして国内外の企業の商品ならびに戦略開発を行ってきた。2010年より博報堂イノベーションラボに参加。

  • 清水愛子

    博報堂イノベーションラボ研究員。2007年ノキアデザインを経て、2008年博報堂イノベーションラボに参加。エスノグラフィをはじめとするデザインリサーチ業務を国内外で多数経験。博報堂では、エスノグラフィを機軸とするコンサルテーション業務及び、ユーザースタディ/デザインリサーチ研究に従事している。エスノグラフィに関する国際学会での発表や、国内でのセミナー講師なども
    積極的に行っている。

  • 沼田逸平

    特定非営利活動法人 Motivation Maker マネージング・ディレクター。東京大学教養学部にて文化人類学を専攻、在学。2010年よりi.schoolに参加し、2011年上期には、東京大学の1,2年生向けのゼミナール、i.school KOMABAにて、講師兼TAを務める。i.school公認の学生団体イノベーション探検隊の隊長。また、博報堂と東京大学が提供するゼミナール、博報堂ブランドデザインスタジオにてTAを務める。適正技術を新興国に届けるデザインコンテスト、See-Dコンテストの2期スタッフ。

Back