• 日本語
  • English

Dec 18, 2017

i.school x IITハイデラバード ワークショップ「ヘルスケア × IoT~インドからリバースイノベーションの機会を探る~」

2012年度から続くi.schoolとインド工科大学ハイデラバード校(IITH)のコラボレーションワークショップが今年度もインド・ハイデラバードにて開催されます。今年度のテーマは「ヘルスケア × IoT~インドからリバースイノベーションの機会を探る~」を予定しています。ヘルスケア×IoTの分野で世界を席巻するインドを舞台に、現地の課題起点でビジネスアイデアを創出します。日本とは異なる環境に身を置くことで、固定概念を取り除き、新しい発想を喚起し、リバースイノベーションの機会を探ります。

このページでは参加学生(通年生、パイロット生)、およびTAの募集をいたします。

プログラム日程>

2017年3月4日(日)~3月10日(土)

—-
3/4(日)羽田より出国(06:30)、同日ホテル着(ハイデラバード)(23:00)
3/5(月)フィールドワーク
3/6(火)フィールドワーク
3/7(水)ワークショップ
3/8(木)ワークショップ
3/9(金)フィールドワーク・出国(23:05)
3/10(土)羽田着(15:35)
—-

プレワークショップについて>
参加必須ではありませんが、こちらへの参加も強く推奨されています。

2018年2月20日(火)10:00-18:00
会場:i.schoolスタジオ

参考>
2015年度のビデオ
https://www.dropbox.com/s/p2a2l2cqjmwp6v7/ischool%20x%20IITH%202016%20-%20w%3Ao%20Doraemon.mp4?dl=0

2014年度のビデオ
https://www.dropbox.com/s/d1ee1qs5amfbqq0/ischoolxIITH-ver2.mp4?dl=0

言語>英語

ファシリテーター>堀井秀之

参加・選考>
参加:通年生、パイロット生(企業からの参加者も予定されています。)10名を募集します。
TA:修了生 若干名募集

選抜・募〆切り>
先着順。12月26日(火)には募集を締め切ります。

ホテル>
Radisson Hyderabad Hitec City
Gachibowli Miyapur Rd, Post Hitech City, Gachibowli, Hyderabad, India AP 500032

費用負担>
参加学生:
往復航空チケットはi.schoolが負担、宿泊については、学生の自己負担(朝食込みで30,000円/5泊以内を予定しています。)
その他の費用(現地での食費や交通費など)は参加者が負担。(全員でのバス移動や食事会についてはi.schoolが負担します。)

TA:(変更になりました。
東大在籍者については上記の学生と同じ費用負担です。
東大に現在籍がない場合は往復航空チケット・宿泊ともに本人の自己負担となります。それ以外については上記の学生と同じ条件です。

その他>
インド渡航にはビザが必要です。ビザの手配は参加者ご自身で行っていただきます。(手続きについては参加確定後、別途ご案内します。)
参加確定後、パスポートのコピーをお送りいただきます。申込み時に残月が6カ月以上あることを確認してください。パスポートをこれから申請・更新する方は、速やかな手続きをお願いいたします。
キャンセルチャージは発生するタイミングで参加者負担になります。ご注意ください。
i.schoolでは参加者の保険加入手続きは行いません。各自で必ずお入り下さい。

主催:i.school、JSIC(一般社団法人日本社会イノベーションセンター)
共催:JIN(一般社団法人Japan Innovation Network)

  • 堀井 秀之

    i.schoolエグゼクティブ・ディレクター。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。JSIC(日本社会イノベーションセンター)代表理事。1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了。専門は社会技術論、国際プロジェクト論、イノベーション教育論。i.schoolエグゼクティブ・ディレクターとして、i.school運営を統括する。東京大学知の構造化センターではセンター長として、分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進。著書に「問題解決のための『社会技術』」(中公新書)、「社会技術論:問題解決のデザイン」(東京大学出版会)など。

Back