• 日本語
  • English

Jul 19, 2016

2016年度スペシャル・ワークショップ「人間共生ロボットのエクスペリエンスデザイン」日立製作所

人間では非効率な仕事を肩代わりするロボットやAIなどが、これから私たちの社会に当たり前のように入り込むでしょう。日立製作所でも、人と安全に共存するヒューマノイドロボット「EMIEW」シリーズを始め、ロボット研究を行ってきました。
ロボットはたしかに社会の非効率を請け負い、人の生活を楽にしてくれるかもしれません。しかし効率性だけを期待すれば、ロボットと触れあう経験は単に手続的で味気の無いものになってしまうのではないでしょうか?

本ワークショップでは、東京社会イノベーション協創センタ(旧・デザイン本部)が得意とするエクスペリエンスデザイン手法を活用し、人とロボットとの幸せな関わり合いをデザインし、人とロボットの共生する革新的なサービス経験を描くことにチャレンジします!

日程>2016年9月16日~10月15日(計4日)
9/16(金) 19:00-22:00
9/26(月) 19:00-22:00
10/3(月) 19:00-22:00
10/15(土) 10:00-17:00 ※変更になりました。

会場>i.schoolスタジオ(初日以外)
東京大学本郷キャンパス工学部11号館4F、他
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_12_j.html
※初日は日立製作所(赤坂)で行います。

ファシリテーター>柴田吉隆、赤司 卓也、他

参加>30名程度

事前課題>参加者に後日お知らせします。

使用言語>日本語

  • 柴田 吉隆

    1999年日立製作所入社。ATMなどの公共情報機器のプロダクトデザインを担当したのち、公共交通分野におけるデジタルサイネージやICカードを用いたサービスの デザインを担当。2009年からは、金融機関や自動車会社などのコーポレートウェブサイトやウェブを活用した新規サービスのデザイン、顧客協創スタイルに よる業務改革などに従事。2011年より現職に就き、サービスデザインの方法論開発を担当。

  • 赤司 卓也

    1978年東京都生まれ。千葉大学大学院卒業。2003年株式会社日立製作所デザイン本部に入社。メディカルバイオ計測機器、昇降機等の公共機器や、家電 の先行デザイン開発などプロダクトデザインを担当後、2007年以降は金融サービス、WEBサービスをはじめとする情報デザイン、サービスデザインに従 事。現在は、自部門の新しい取り組みとして「サービスイノベーションデザイン」領域を立ち上げ、スマートシティ事業、ヘルスケア事業など幅広い社会イノ ベーションデザインプロジェクトをリードしている。Service Design Network会員。

Back