Apr 13, 2020

2020年度第2回レギュラー・ワークショップ
「お金との付き合い方のデザイン」

/新型コロナウィルスの感染拡大の影響に伴い、事態が収束するまでワークショップは全てオンラインでおこないます。/

第2回レギュラー・ワークショップは、i.schoolの第1期生で、イノベーションのコンサルティング事業を展開しているi.labの代表、さらにはi.schoolのディレクターでもある横田幸信によるファシリテーションで実施します。
テーマは「お金との付き合い方のデザイン」です。

近年、ブロックチェーンやAIのような技術、キャッシュレス推進などの社会的変化により、お金との付き合い方を変える金融系の新サービスやベンチャー企業が世界的に注目を浴びています。
一方で、現時点で見られるサービスは利便性向上の価値に注目したものが殆どであり、人々の深い部分での価値観や行動を揺り動かすような、革新的な製品・サービスの創出には至っていません。

実は、お金周りの価値観・行動は人生観とも繋がるものの、話題に挙げにくい繊細なもので、今まだ把握されていない課題や価値の仮説が多々あります。例えば、お金管理は個人と家族、一族のような概念が複雑かつ繊細な感情なども入り混じっており、旧来型のアンケート中心の調査手法では実態把握に太刀打ち出来ていないため、エクストリームユ−ザーインタビューなどの定性的で各関係者の価値観理解や体験デザインができるアプローチが有望だと考えています。

そこで、このワークショップでは、i.schoolの人間中心アプローチで潜在的・先進的・高次の価値仮説の発見を試みていきます。
最終的にはカスタマージャーニーマップを用いたユーザー体験をデザインして、新しいお金体験のプレゼンテーションをおこないます。

テーマ:お金との付き合い方のデザイン

ファシリテーター:横田 幸信(i.school ディレクター、i.labマネージング・ディレクター )

日程:5/13(水)、5/23(土)、5/27(水)、5/30(土)
水:19:00 – 22:00、土:13:00 – 17:00

実施方法:Zoomを使用しての開催。当日のアクセス先はおってご案内します。

参加者:通年生、公募生、スポンサー企業等合わせて30名程度

使用言語:日本語

事前課題:参加される方におってメールにてご案内いたします。

参加費用について:
ワークショップの参加費用は無料です。
ネットワーク接続等にかかる環境はご自身で設定をお願いします。

お申込み:
この度、通年生に加えて若干名の公募生(現役の学生)を募集いたします。ご希望の方は以下「APPLY」より必要事項をご記入の上、ご応募ください。
応募締切:2020年5月7日(木)23:59
※全ての日程に参加できることがご応募の条件となります。
※選考にて参加者を決定いたします。

※通年生はFacebookグループより出欠登録をしてください。
※スポンサー企業の方は別途ご担当者へお送りしているメール添付のURLよりご登録をお願いいたします。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.labマネージング・ディレクター(代表取締役)。早稲田大学ビジネススクール(WBS)非常勤講師。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

Back