Mar 13, 2020

2020年度第1回レギュラー・ワークショップ
「移住者が起こす地域イノベーション」

2020年度の最初のワークショップとして、東京大学山中湖寮(内藤セミナーハウス)において2泊3日の合宿形式で行います。新しい i.school生に対する i.school式のワークショップの導入、1年間仲間として取り組むメンバーのチームビルディングと位置づけられます。

インタビューから示唆を得る手法、構造的な類似性をアイディア発想に活かすアナロジー思考、ワークショップ後半のPDCAサイクルを適切に回すための総括的分析など、新規性を生み出すi.schoolのメソッドで基本となるスキルを一通り経験します。

人生100年時代を迎える未来の社会においては、複数のライフステージごとに異なった生き方が選択され、価値観やライフスタイルはますます多様化することが予想されます。そのなかで移住はこれまで以上に人生の選択肢として重きを持ってくることが予想されます。

移住者はその地域で育まれてきた価値観や感受性とは異なるものを持っており、移住という意思決定を促した「移住する理由」を原動力として地域に変化を起こす存在となる可能性を有しています。本ワークショップでは、そのような移住者が起こす地域発のイノベーションのアイディアを発想します。

テーマ:移住者が起こす地域イノベーション

ファシリテーター:堀井秀之(i.schoolエグゼクティブ・ディレクター)

日程:2019年4月24日(金)-4月26日(日)2泊3日の合宿形式

会場: 東京大学山中寮内藤セミナーハウス(山梨県南都留郡山中湖村平野506-296)
https://sites.google.com/site/sportiayamanaka/

参加者:通年生、スポンサー企業等合わせて25名程度
使用言語:日本語

オリエンテーション:
4月15日(水)19時~21時@東大赤門前i.schoolスタジオ
(通年生のオリエンテーションも同じ時間内に行います。)

事前課題:
参加される方におってメールにてご案内いたします。

スケジュール概要:※予定は都合により変更になることがあります。
4月24日(金)
11:00 東京大学山中寮内藤セミナーハウスに直接集合
      会場セッティングなどの準備

※早めに到着の上、ランチは済ませてくるか、持参してください。遅刻は厳禁です。

13:00 ・移住者に対するインタビュー
      ・インタビュー結果に基づき移住者に関わる示唆を導出する分析

4月25日(土)
終日ワークショップ(@東京大学山中寮内藤セミナーハウス)

4月26日(日)
終日ワークショップ(@東京大学山中寮内藤セミナーハウス)

4月26日の解散について:
18:00(予定)(東京大学山中寮内藤セミナーハウスにて解散予定)

※往復の交通手段はご自身で確保してください。復路の高速バスを予約される場合には、18時以降のバスでお願いします。
<山中湖村役場前>乗車
http://bus.fujikyu.co.jp/highway/detail/id/1

参加費用について:
ワークショップの参加費用は無料です。
※4/24集合場所まで、4/26解散地からの往復交通費は自己負担です。
※学生については、宿泊費、食費はi.schoolが負担します。キャンセルがあった場合、キャンセル料は原則自己負担をお願いいたします。
※社会人学生と企業からのご参加者は宿泊費の実費をお願いいたします。金額は決まり次第お伝えいたします。概ね2万円以内です。

その他:
-PC持参について
ワークショップで使用しますので、PC(外部のネットワークに接続可能なもの)のご持参をお願いいたします。

-保険について
参加者に旅行保険の手配をしております。

-服装について
動きやすい服装をお勧めいたします。

-山中寮施設について
アメニティグッズ(タオル、パジャマ、歯ブラシなど)は一切ありませんので、ご持参をお願いいたします。
寮内には自販機はありません。また近隣にコンビニはありませんのでご注意下さい。また、東京より寒いので、寒がりな方は防寒対策もお願いします。

  • 堀井 秀之

    堀井 秀之(ほりい ひでゆき) i.school エグゼクティブ・ディレクター/(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事、東京大学名誉教授。
    1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了、1996年より東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。専門は社会技術論、イノベーション教育論。2009年よりイノベーション教育プログラム、i.schoolをエグゼクティブ・ディレクターとして運営し、新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システム等のアイディアを生み出すことのできる人材を育成。2016年に一般社団法人日本社会イノベーションセンター(Japan Social Innovation Center, JSIC)を設立。政府、企業とi.schoolの学生・修了生が協働して社会イノベーションを推進する活動を通じて、実践的な教育機会を提供することを目指している。2018年に東京大学を退職。著書「問題解決のための『社会技術』」、「社会技術論:問題解決のデザイン」など。

Back