• 日本語
  • English

Oct 16, 2015

<innotalk vol.7>「大企業ならではの手法でスタートアップを生み出すために ~ソニーの新規事業創出プログラム『Seed Acceleration Program』の取り組みについて~」

イノトーク(innovation talk)は小人数で密度の濃いディスカッションを実現する非公開イベントです。2015年度第7回イノトークはソニー株式会社より、小田島伸至さん、田中章愛さんをお迎えして、ソニーの新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)についてお話いただきます。

Seed Acceleration Programは、社内から提案される新たなビジネスコンセプトのスピーディーな事業化を促すソニーの新規事業創出プログラムです。2014年4月に同プログラムを開始してから数々のビジネスオーディションを重ね新規事業の発掘から育成を続ける一方で、今年7月にはクラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたサイト、「First Flight」(ファースト・フライト)をオープン。大企業ならではの手法でスタートアップを生み出す為の取り組みについて紹介していただきます。

日時>
2015年10月30日(金)19:00-20:30
(開場:18:30)
※終了後簡単な懇親会を予定しています。

会場>
本郷キャンパス工学部11号館4F<i.schoolスタジオ>
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_12_j.html

言語>日本語

対象>通年生、パイロット生、修了生、i.schoolEDGE/EDGE Faculty Program登録者、パートナー・スポンサー企業
※イノトークは非公開イベントです。

募集〆切り>10月26日(月)を予定していますが、定員になり次第締め切ります。

  • 小田島伸至(おだしま しんじ)

    2001年東京大学工学部卒業後、同年よりソニー(株)入社、デバイス営業へ配属。2007年-2011年デバイス営業としてデンマークへ海外赴任。液晶ディスプレイ販売を担当し、ゼロから事業を立ち上げ、売上数百億円まで拡大させる。2012年に帰国後、本社の事業戦略部門に配属。本社戦略スタッフとして中期計画の立案や経営会議の運営に携わる。その際、ソニーのイノベーション力向上に向け、若手や中堅社員を巻き込みボトムアップで新規事業創出を促す社長直轄のプラットフォームの構築とプログラム(Seed Acceleration Program)を立案。

    2015年現在、新規事業創出部の担当部長として、イノベーションを創発するエコシステムの企画推進や、新規案件の事業化支援を先導する。Qrio株式会社※1とエアロセンス株式会社※2の取締役として事業経営に携わる。

    ※1:スマートロック事業を行うWiLとソニーの合弁会社
    ※2:自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた 産業用ソリューションを提供するソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMPの合弁会社

     

     

  • 田中章愛(たなか あきちか)

    2006年筑波大学大学院修了、同年よりソニー(株)入社.2013年-2014年スタンフォード大学訪問研究員。
    機械・メカトロニクスエンジニアとして協働型ロボットやエンターテイメントロボットの研究開発や留学での研究活動を経て、2014年より新規事業創出プログラムSony Seed Acceleration Programの立ち上げ・運営に携わり、共創スペースCreative Loungeの企画運営やハードウェア製品のプロトタイピング・商品化・事業化に従事する。放課後には個人でのものづくりとして友人と始めたデザインユニットVITROでの作品発表や品川のモノづくりコミュニティ品モノラボの運営を通じ共創型モノづくりを追及している。ASIA Award Young Creator 2013、Good Design Award 2014 Best 100受賞。

Back