Apply Now

May 30, 2019

<innotalk vol.3_19>
「イノベーションは一体どんな人がどのように起こすのだろう?」

イノトーク(innovation talk)は小人数で密度の濃いディスカッションを実現する非公開イベントです。

2019年第3回のイノトークは東京大学大学院経済学研究科 特任教授の半田純一先生をお招きして開催します。
テーマは「イノベーションは一体どんな人がどのように起こすのだろう?」です。

ビジネスモデル革新や新たな生活スタイルの創造などを含めた広義のイノベーションが企業と社会の発展の原動力であることはよく知られています。その主な担い手は国や地域によって違っています。日本はこれまで大企業を中心に世界のイノベーションの担い手の一角を占めてきました。今日その力が弱くなっていると言われています。そもそも、現実にはいったいどのような人物がどのような組織的文脈のもとにイノベーションを起こしてきたのでしょうか。日本を代表する企業での実例を調査・分析することでその姿(プロファイル)が見えてきました。こうした人材をより体系的に育成することで日本のイノベーションの力を蘇らたいという教授の熱い想いをお話していただきます。

日時>
2019年6月13日(木)19:00-20:30

会場>
i.schoolスタジオ
東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F(東京大学赤門前)
※正面右脇に入り口があります。

言語>日本語

対象>通年生、修了生、i.schoolへ参加済OR参加予定の公募生、パートナー・スポンサー企業
※イノトークは非公開イベントです。

  • 半田純一

    東京大学大学院経済学研究科 特任教授

    東京大学社会学科卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。
    1988年から約17年にわたって、マッキンゼー・アンド・カンパニー、A.T.カーニーなどのグローバルコンサルティングファームで経営コンサルタントや経営者として活動。
    武田薬品工業コーポレートオフィサー人事部長等を経て2016年より現職。
    主著に『100年企業の研究』『ITマネジメント』(ともに東洋経済新報社)など

APPLY

Back