• 日本語
  • English

Sep 14, 2017

i.school検定 のご案内 – i.school Certification (iC) –

i.schoolは2009年より東京大学を中心とした学生・院生に対して新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システムなどを生み出す力を育てる教育を実施してきました。このi.schoolで培ってきた新アイディア創出の方法論に基づき、その技能を検定することを目的として、i.school検定を実施します。i.school検定は、ワークショップに実際にご参加頂き、ワークショップ内でのパフォーマンスを評価するという方法で行います。そのため、この検定はi.schoolのワークショップを受講する教育機会と位置づけることもできます。

i.school検定実施概要

1. 対象者
・企業内で新規事業開発、イノベーションに関わる部門の方
・組織のトップマネージャー、ミドルマネージャー
・社内研修、社外研修を担う立場の方
・大学の教員、高等学校の教員
・その他、スキルとして新しいアイディアを生み出す力を身につけたい方

2.検定の種類、実施時期、実施方法

i.school検定2級
i.schoolワークショップの参加者として身につけるべき技能を検定します。具体的その技能は、(1)目的分析、(2)手段分析、(3)アイディア発想、(4)アイディア評価、(5)アイディア再発想の5つの異なるエレメントです。受検には各自外部のWi-Fiに接続できるパソコン、もしくはタブレットを持参して頂く必要があります。2017年度は、10月よりパイロット運用を予定しています。(パイロット運用期間中でも検定基準に達した方は認定されます。)詳細については、説明会にご参加の上、ご確認ください。

実施方法
・i.schoolワークショップ形式で行います(原則土曜日の10時−18時)。
・実施日については3.2017年度検定ワークショップスケジュールをご確認ください。
・ワークショップの前に、事前課題が課せられることがあります。

i.school 検定1級
i.schoolのワークショップのファシリテーターとして身につけるべき能力を検定します。具体的にその能力は、(1)ワークショップのデザイン、(2)ファシリテーションの2つのエレメントです。1級を受検するには2級に認定されていることが前提となります。実施時期は決まり次第ご連絡します。

3.2017年度検定ワークショップスケジュール

第1回:2級 (2)手段分析、(3)アイディア発想エレメント
テーマ:農業の未来
消費者の多様なニーズを生産者に伝える方法の新しいアイディア(前半)
日時:2017年10月21日(土)10:00~18:00
場所:東大赤門前 i.school スタジオ/JSIC オフィス(東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F)

第2回:2級 (1)目的分析、(3)アイディア発想エレメント
テーマ:働き続けることを支援するデバイス(前半)
日時:2017年11月18日(土)10:00~18:00
場所:東大赤門前 i.school スタジオ/JSIC オフィス(東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F)

第3回:2級 (4)アイディア評価、(5)アイディア再発想エレメント
テーマ:農業の未来(後半)
日時:2018年1月20日(土)10:00~18:00
場所:東大赤門前 i.school スタジオ/JSIC オフィス(東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F)

第4回:2級(4)アイディア評価、(5)アイディア再発想エレメント
テーマ:働き続けることを支援するデバイス(後半)
日時:2018年2月24日(土)10:00~18:00
場所:東大赤門前 i.school スタジオ/JSIC オフィス(東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル2F)

4.検定料、認定料
i.school検定2級
検定料:3万円(税別)(領収証は、検定料、または研修費として発行)
認定料:3万円(税別)(該当級に認定された場合)
認定証
認定記念品
名刺にi.school検定のロゴマークを使用できます
名刺や履歴書に「i.school検定2級」と記載できます

* 2017年度はパイロット運用のために、検定料、認定料ともに暫定料金とします。

5.検定方法・評価
評価はエレメントごとに詳細な検定結果をお返します。検定の基準を満たしたかどうかは、エレメントごとに評価します。すべてのエレメントが検定基準に達することで、その級に値すると認定されます。

評価手法:
APISNOTE*、ビデオの記録に基づくパフォーマンス評価
アイディアの評価
自己評価に基づくメタ認知能力の評価

*APISNOTEは、i.schoolが開発した電子付箋ツールです。

6. 認定授与式
i.school検定2級、1級に認定された方には、認定証と認定記念品の授与式を行います。

7.継続教育
i.school検定2級の認定者は、新しいアイディアを生み出す技能を維持するために、毎年最低1回は継続教育を受けて頂きます。継続教育は2018年度から実施予定です。

8.申し込み方法、募集人数など
お申込みにあたっては、受検規約をご一読の上、以下<APPLY>より申込みフォームにて必要事項をご記入の上、銀行振込にて検定料をお支払い下さい。受検者数は毎回最小6名、最大15名となります。希望者多数の場合には、受検動機、i.schoolで行っている教育プログラムへの理解度に基づいて選考する場合があります。希望者が最低人数に満たない場合には、ワークショップが不成立となります。その際には検定は中止とし、検定料をご返金致します。

第1回申し込み・支払締切り:2017年10月6日(金)
第2回申し込み・支払締切り:2017年11月3日(金)

受検料は、銀行振込でお支払いください。
銀行振込(振込先)
みずほ銀行(0001)池袋支店(230)
普通預金 2067697
一般社団法人日本社会イノベーションセンター
シヤ)ニホンシャカイイノベーションセンター

*振込手数料はお客様のご負担でお願い致します。
*お申込みフォームへのご記入と、お支払をもって正式なお申込みと致します。詳細については、受験期約をご確認ください。

9. 実施主体
一般社団法人日本社会イノベーションセンター(JSIC)。JSICは、2009年より大学生を対象にイノベーション教育を行っているi.schoolの成果に基づき、政府、企業とi.school生・修了生が協働して社会イノベーション事業(社会的価値を生み出すイノベーション事業)の推進を図るとともに、i.schoolの成果を社会に普及するための活動を行っています。JSICの代表理事は、i.schoolのエグゼクティブ・ディレクター、東京大学教授の堀井秀之です。
http://jsic.or.jp/ (準備中)

●説明会のご案内・お申し込みはこちらよりお願いいたします。
http://ischool.or.jp/news/ic_presentation_2017/

●i.school検定受検規約はこちらよりご覧いただけます。
http://ischool.or.jp/iC/iC_kiyaku.pdf

APPLY

Back