Apply Now

Dec 18, 2020

i.school検定2級のご案内

i.schoolは2009年より東京大学を中心とした学生・院生に対して新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システムなどを生み出す力を育てる教育を実施してきました。このi.schoolで培ってきた新アイディア創出の方法論に基づき、その技能を検定することを目的として、i.school検定2級を実施します。

■i.school検定2級実施概要

1.対象者:JSIC Schoolコース1~3の全コースを修了した方

2.検定する能力:ワークショップの設計能力

3.内容(課題)
 ・ワークショップ(3時間×6回)を設計する。
  ー テーマ・事前課題・投影資料・APISNOTEワークシート・サンプルの作成
・ワークショップで使用する事例を準備し、実際にアイディア発想も行い、提出する。

4.審査・認定方法:提出内容を審査し、合格者を対象とした認定・講評セッションへの参加(3時間)。
 ※ 認定・講評セッションはオンライン(Zoom)で実施します。
 ※ 課題の提出から認定・講評セッションまでの間に個別に補講を行う場合があります。
 ※ 補講を経て課題の再提出をお願いする場合があります。
 ※ 認定された方には認定証を発行いたします。

5.課題提出期限2021年1月31日(日)

6.認定・講評セッション実施日2021年2月25日(木)19:00~22:00  

7.お申込方法こちらより必要事項をご記入の上、銀行振込にて受検料をお支払い下さい。

■i.school検定実施主体:一般社団法人日本社会イノベーションセンター(JSIC)
JSICは、2009年より大学生を対象にイノベーション教育を行っているi.schoolの成果に基づき、政府、企業とi.school生・修了生が協働して社会イノベーション事業(社会的価値を生み出すイノベーション事業)の推進を図るとともに、i.schoolの成果を社会に普及するための活動を行っています。JSICの代表理事は、i.schoolのエグゼクティブ・ディレクター、東京大学名誉教授の堀井秀之です。
http://jsic.or.jp/

■JSIC Schoolとは
JSIC School とは一般社団法人 日本社会イノベーションセンター(JSIC) が提供するファシリテーター養成プログラムです。i.schoolメソッドに基づくイノベーションワークショップをデザイン、ファシリテーションする能力を身につけることを目的としています。  
http://school.jsic.or.jp/

APPLY

Back