Dec 25, 2020

i.school ZERO「Afterコロナのイノベーション」参加者募集!

i.school ZERO(アイスクール・ゼロ)は、アイデア創出の手法からイノベーション教育の科学の基礎までを学ぶ体験型プログラムです。

大学で自分の興味関心に基づく専門分野を学ぶ中、それを社会に活かそうと思った時に立ちはだかるハードルは数多くあります。特にどのようなサービスや製品の形として実現するかというアイデア作りは非常に重要です。i.schoolはその「アイデアを作る」という部分は作法を学び練習を重ねれば誰でもできるようになると考えています。

今回のワークショプのテーマは「Afterコロナのイノベーション」で、コロナ禍による社会変化事例を分析し、その社会変化の背後にある長期的トレンドや、社会通念の変化を導き出し、コロナ終息後の社会におけるイノベーションを発想します。Zoomとi.schoolで開発された電子付箋ツール、APISNOTEを用いてオンラインで実施します。

【i.school ZERO 「Afterコロナのイノベーション」(全3回)】
DAY1 2月8日(月) 9:00-12:00
DAY2 2月15日(月) 9:00-12:00
DAY3 2月22日(月) 9:00-12:00

【担当ファシリテーター】
堀井 秀之(i.schoolエグゼクティブ・ディレクター 東京大学名誉教授)
i.school在籍、修了の大学生、大学院生

【募集要項】
・募集人員:15名前後
申し込み内容をもとに書類選考を行います。

・募集対象:大学・専門学校に在籍する学生
※主に学部1、2年生の受講が多いですが、学部3年以上・大学院生にも開講しています。

・応募条件:
- 自らがイノベーションを起こしたいと本気で思っていること。
- 異なる専門分野の人との日本語を用いたグループワークが円滑に出来ること。
- 原則、全ての回に参加できること。

・お申し込み方法:
以下の「APPLY」ボタンより、登録フォームに移動の上お申し込みをお願いいたします。

・応募締め切り: 1月31日(日)

・選考と参加可否のご連絡について:
参加の可否については応募者全員にご連絡いたします。
(万が一連絡がない場合は、スパムフォルダなどをご確認後、i.schoolへのご連絡をお願いいたします。)

  • 堀井 秀之

    堀井 秀之(ほりい ひでゆき) i.school エグゼクティブ・ディレクター/(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事、東京大学名誉教授。
    1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了、1996年より東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。専門は社会技術論、イノベーション教育論。2009年よりイノベーション教育プログラム、i.schoolをエグゼクティブ・ディレクターとして運営し、新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システム等のアイディアを生み出すことのできる人材を育成。2016年に一般社団法人日本社会イノベーションセンター(Japan Social Innovation Center, JSIC)を設立。政府、企業とi.schoolの学生・修了生が協働して社会イノベーションを推進する活動を通じて、実践的な教育機会を提供することを目指している。2018年に東京大学を退職。著書「問題解決のための『社会技術』」、「社会技術論:問題解決のデザイン」など。

Back